子猫誕生

今年の1月から楽しみにしていた組み合わせ、スパちゃんと太一くんの子猫が13日に生まれました!

スパちゃんは安産でしたし、子猫の面倒もよく見ています。

この写真をパパ猫のママさんに送ったら・・・・
「まだあと4匹くらい入ってそう・・・臨月みたい」
と言われてしまいましたが、確かにそうですね(苦笑。スパちゃんは発情中も良く食べるし、食欲のなくなる時が全くない子なのです。
今回の子育てが終わったら専用フードで体重調整をしたいと思います。

スパちゃんは甘えん坊で私が行くとすぐに出てきてしまうのですが、カメラを向けて写真を撮らせてね、と言ったら意図を理解してちゃんと中に入り、こうやってポーズを取ってくれました。まるで「ちゃんと撮ってね〜!」って言っているみたいです。

ニューフェイス

6月もあっという間に・・・(以下略
もちろんさぼっていた訳ではありません。仕事も猫のことも目一杯ありました。

6月17日、我が家に海外からお婿さんとお嫁さんがやってきました!最後に海外から迎え入れたのは2004年のドリーミーですから、驚くことに8年ぶりです。
もちろんその8年の間にも、ご縁があった日本の数人のブリーダーさんからいくつか素晴らしい血をいただいて血統を繋げてきましたが、キャッテリーを本格的に再稼働するにあたり、色々考えて昨年プジョーを譲渡したキャッテリーから猫をいただきました。

まずは男の子から。
CFA GRC Ruskis Nemo of Snow-Island
ネモ君。既にグランドチャンピオンです。恰好良く可愛らしい子で、性格も二重丸です。

女の子。
CFA Ch Ruskis Lapochka of Snow-Island
ラポーチカ。大きな耳がチャームポイント。子猫をよく舐めてあげる優しい女の子です。

もちろん二人がいたスイスには直接お迎えに行ってきました。スイスでは他にも二人のロシアンブルーのブリーダーと会う機会があり、またプジョーの子猫たちやローディの孫たち(3リッターも!)にも会うことができ、とても嬉しかったです。
この二人が我が家でどんな子猫を見せてくれるのか、これからがとても楽しみです!

動物取扱業、スパちゃん

5月はなんだか忙しなくて、あっという間に過ぎました。・・・という記事を書いて下書きに入れておいたのも忘れたほど更新してませんでした(汗。消すには忍びないので勢いで投稿します。

5月は猫に関する様々なことがありました。
まずは動物取扱業の更新について。登録から5年を迎えたので更新の書類を出して動物愛護センターの方の監査を受け、何事もなく更新することができました。5年分の書類はとても分厚く、毎日の猫の世話と清掃等の点検や、子猫の譲渡先の住所氏名などもその都度まとめていく必要があります。
私はロシアンブルーが好きで猫種の保存や良い猫をブリーディングするために動物取扱業を取得しており、営利を目的にはしていませんが、繁殖をして他人に猫を譲渡するのであれば必ず動物取扱業の認可が必要です。また広告を出す(Web上も含め)場合には定められた情報を記載する必要があります。登録にも規定があり、新規に登録するには一定の資格か、もしくは既に動物取扱業に登録しているキャッテリーやペットショップ、ホテル、動物病院などで半年働いたという証明が必要です。
趣味で始めたいと考えている一般の方には難しい規定です。もし特定の猫種が好きで、真面目にブリーディングに取り組みたいという方がいらっしゃったら、まずはご自宅から遠くない(関東と関西などのように離れていないこと)場所にあるキャッテリーさんから最初の子を迎え入れ、同時に動物取扱業の取得をサポートしてもらうと良いと思います。

そしてもう一つ。スパちゃんが待望のお見合いでした。お相手の男の子は我が家の子ではなく、前からとっても楽しみにしていた組み合わせです。無事に生まれますように!