こまねこ?

スパちゃんと太一くんの子猫たちは順調に育っています。女の子は436グラム、男の子はひとまわり小さくて400グラム程です。よちよちと歩いて、テントから時々出てくるようになりました。
子猫たちの写真はもうちょっとしたら撮影したいと思います。

今日は3階の引退組の楽しい写真が撮れました。
左がミラちゃん、右がイーグレット。娘と母の仲良しさんです。


狛犬ならぬ狛猫?! 狛犬のようにやる気を全面に出さず、寝ているところが猫らしいですね。DVDを見ていたのでスピーカーから大きな音が出ていた筈なのですが、この場所にいれば私たちから注目されるからなのかも知れません。

ミラとイーグレットはペアで行動していることが多いです。


猫用ベッドより人間用の枕やクッションがお気に入りです。

ミラ:のびのびーーーっ

ミラ:このクッションは渡さないわよ!

ロシアンブルーと多頭飼育について:
一般的に猫の女の子は男の子よりもクールと言われていますが、ロシアンブルーの女の子はとても甘えん坊です。男の子はそれ以上にべったりな子が多いです。
ロシアンブルーと暮らしたことのない人には想像が難しいくらい、頭の良い猫種です。猫だから、と切り捨てる考えの人がこの猫と暮らすのは難しいかも知れません。
我が家のリタイア組も例に漏れず、人間の観察力に優れ、飼い主への愛着心に溢れています。飼い主への独占欲もあるので、ロシアンブルーを多頭飼育する場合には、飼い主が猫の様子を良く見て、猫同士の関係を把握して、猫たちが満足するように愛情を注ぎ、上手くいくように努める必要があると思っています。
私が一般の飼い主さんの多頭飼育(一人に対して3匹以上)を歓迎しないのは、多頭飼育になると食事や健康管理が難しいということもありますが、多くのロシアンブルーが人間との深い関係を望む傾向にあるのが大きな理由です。
ロシアンブルーに惚れ込む人の多くは、美しい外見だけではなく、この猫種の持っている独特の性格に強い魅力を感じているのではないでしょうか?

目が開きました

スパちゃんと太一くんの一男一女は順調に体重が増え、目が開きました。
動きも力強くてとても元気です。
この子達の血統は、私がキャッテリーのメインにしてきた血統とは違う血なのですが、太一くんに初めて会った時に、スパちゃんと組み合わせればきっと可愛い子猫ができるだろうなぁと思い実現を心待ちにしていました。
どんな雰囲気のロシアンブルーになるでしょうか。ママ似?パパ似?それとも先祖の血が出てくるか・・・ワクワクします。

再利用

4年くらい使ったキャットツリーが不要になったので、そのまま捨てようかなとも思いましたが、ポールの部分がほとんど無事だったので、ケージ内の爪とぎとして再利用することにしました。

★スパちゃんのお産場所
上の青い台は新品で余っていた部品を使いました。思い切り爪とぎできるようで気に入ってくれています。
彼女は出産〜授乳中は他の猫から完全に離れていないと落ち着いて育児ができないようなので、出産前から1.2メートル四方のウォークインケージに子猫が離乳期を迎えるまで1ヶ月半ほど滞在します。妊娠時〜授乳期の母猫は他の猫に神経質になることもあるため、分けた方がリスクが少ないです。また、他に子猫がいる場合にはおっぱいを吸われることのないように、子猫からも分けたほうが無難でしょう。(もちろん他の猫と一緒でも問題のない子はいます。でもロシアンブルーの場合、特に妊娠後期に入ると普段は問題ない猫でも喧嘩を始めたりすることがあるので要注意です。)

★ケージ内の隠れ家
うちのケージはアメリカのもので、奥行きが75センチ、幅が133センチと大きく、爪とぎとステップ台と隠れ家3役でこれを思いつきました。構造上ボックスが逆転しちゃってますが、再利用なので気にしないことにしました。
これも一番上の青い台は新品で余っていた部材です。
今この場所は開け放してありますが、猫たちは気に入って使ってくれているようです。