最高の称号、ナショナルウイナー受賞

猫が好き、ロシアンブルーが好きでブリーディングをしている一介のブリーダーとして、CFAのナショナルウイナー(NW)は手の届かない憧れのタイトルであり、まさか自分が手にするとは夢にも思わなかった最高の栄誉でした。
ジャパンリジョンが1992年に第8リジョンとして認められてから現在までに、日本人が繁殖した猫でCFAのお膝元である本場アメリカでショーを走りナショナルウイナーを獲得した猫はたったの1匹(1995-1996年・アメリカンショートヘアー)で、日本のみのショーイング(2匹※参考リンク)や中国で獲得した猫(2匹・中国はアメリカと日本とヨーロッパとは別に、中国のみ独立で競っています)を入れても全部で5匹の猫だけです。もちろんその中にロシアンブルーはいませんでした。
CFAのアメリカのロシアンブルーのブリーダーたちはレベルが高く層も厚く、また現在の日本のショーは猫のエントリーが少なく、日本でNWを獲得するのはポイントの面でほぼ無理。日本人である私がNWのタイトルを夢見ることは非現実的でした。
ですが、昨年の5月にアメリカのWynterwyndキャッテリーのアネットの元にお渡ししたルーンがアメリカで年間賞に挑戦し、この度2017-2018年度のナショナルウイナー(全猫種11位)と、ブリードウイナー(BWR・ロシアンブルー世界一)を受賞しました。
ブリーダーとして努力して良い猫をブリーディングしていきたい、その結果としてタイトルをいただけたらと思ってやってきました。挫けそうな時もありましたが、24年間続けてきて本当に良かったです。


2017-2018年 第1-9リジョン チャンピオンシップ11位
2017-2018年 第1-9リジョン ブリードウイナー(ロシアンブルー1位)
※第1ー9リジョンにはアメリカ・カナダ・ヨーロッパ・日本が含まれます。

CFA GC, BWR, NW SNOW-ISLAND RUNE OF WYNTERWYND
2016年8月30日生まれ 女の子
父:CFA GC, RW SNOW-ISLAND PLATINO
母:CFA GC WYNTERWYND MELODY OF SNOW-ISLAND
BREEDER:YUKIKO SHIMADA
OWNER:YUKIKO SHIMADA & ANNETTE WILSON

オーナーであり、ルーンの母メロディーのブリーダーでもあるアネットは、世界中をジャッジとして飛び回る忙しいスケジュールの中、ルーンを連れて車で11時間もかかるキャットショーに何度も連れて行ってくれました。ショーを1年走る他の猫に比べて、ルーンをショーに出せる回数は多くありませんでしたが、ルーンは行ったショーのうち半分もハイスコアリング(チャンピオンシップ総合1位)を獲得してくれ、たくさんのポイントを取ってくれました。アネットには感謝しかありません。1998年にアネットからクラウドをいただいて以来20年に渡って親交を深め、私が迷った時はブリーダーの先輩として進むべき道のヒントをくれました。アネットは素晴らしいロシアンブルーをブリーディングする一流のブリーダーであり、冷静で判断力のある公平なジャッジであり、また猫と家族を大切にする信頼できる友人です。アネットと出会い、信頼関係を築けたことは私にとって本当に幸せなことでした。

ルーンについては前のブログでも書いていますが、とびきり明るくシルバーティップ豊かなペールブルーの手触りの良い豪華なダブルコート、大きな瞳、ワイドなヘッド、長い手足の優雅なボディタイプのエレガントかつスウィートなロシアンブルーの女の子です。生まれた時から頭角を現し、四ヶ月で初めて日本のショーに出した時に、この子はナショナルウイナークオリティであると確信がもてたくらいでした。外見のレベルが高いだけでなく性格が良く気性が安定し、キャットショーではジャッジのハンドリングをいつも楽しんでいました。飼い主の期待に応えることがルーンの喜びでもあったようでした。ロシアンブルーらしい忠犬のような愛らしい気性で、私はいまでもルーン・ロスのままです。

私が長年頑張ってこられたのは、いつも応援してくださる我が家の猫の飼い主さんたちや、励ましてくださる周囲の方々のお陰です。本当にありがとうございます。
ナショナルウイナーとブリードウイナーはブリーダーにとって最高の称号ですが、終着点ではありません。これで満足せず、これからも努力し、更に上を目指して頑張っていきたいと思っています。

エースの婿入り(アメリカ・シアトルへ)

エースはこのブログではジョエル(仮)と呼ばれていたメロディーとプルーの息子で、現在はアメリカのシアトルに住んでいます。
登録名はオーナーの希望でSNOW-ISLAND SAMURAI ACE、愛称エースに決まり、昨年11月のCFAインターナショナルキャットショー参加後、SereshkaキャッテリーのKateとArielのもとにお婿入りしました。
Sereshkaキャッテリーは、1970年代から1980年代にかけて多くのグランドチャンピオンやナショナルウィナーのGC, BW, NW Sereshka Alakazam of Kittay(※リンク参照)を輩出したキャッテリーです。Kateはご自身のお子さんの子育てのため、1990年代頃からブリーディングを長い間お休みされていましたが、娘さんのArielと一緒に2014年に復帰されています。
今年アメリカのキャットショーで活躍している我が家のルーンと同じ組み合わせの男の子を希望されて、ご縁があってのお婿入りとなりました。

写真は、CFA インターナショナルキャットショーで写真家の山崎哲さんに撮っていただいたお写真です。CFA インターナショナルキャットショーは年に1度行われるアメリカ最大のキャットショーです。2017年はポートランドでの開催でした。
海外に猫を連れていくのは気を遣い、私にとっては心底骨が折れるイベントですが、ルーンに続いてエースも良い子にしていてくれて、渡米した次の日に楽しくショーに出ることができました。
エースはロシアンブルーとは思えないくらいとても陽気な性格で、一般の見学者、もちろん小さなお子さん達がケージを覗き込んでも大喜びし、かなりの人気者でした。
また、ショーではファイナルに残り、ロシアンブルーの子猫の中で一番多いポイントをいただくことができました!こちらに結果が掲載されています。

 このショーのために控えケージのカバーを新調しました。洗濯もできる素材にバナーを印刷していただきました。なかなかの出来だと思います。

アメリカでのエースは、クリスマスパーティーで全てのプレゼントの箱に入り込んだり、人間と一緒の時は常にゴロゴロとのどを鳴らしているそうで、相変わらず陽気に楽しく過しているようです。オーナーのKateが、本当に素晴らしい男の子だと言って下さって、私もとても嬉しいです。エースが素敵な未来をKateとArielに運んでくれますように!

モナミちゃん、グランドプレミア達成!

CFA GP SNOW-ISLAND MON AMI LA MER
2016年8月30日生まれ
ママ メロディー
パパ プルー

2017年8月27日のキャットショーで、モナミちゃんがCFAグランドプレミアを達成しました!2回のショーでの獲得です!
ショーが苦手な子なのですが、なんとか耐えて頑張ってくれました。
モナミちゃんの長所はシルバーティップの綺麗な分厚いダブルコートです。写真でもわかると思いますが、とっても触り心地が良いのです。お顔もメロディーに似て、大きな目、可愛らしい表情をしています。

写真はキャットショーでカメラマンさんに撮影してもらいたかったのですが、ご機嫌斜めで中止になり、今日、家で簡単に撮影してみました。ショーケージカバー用のシワだらけの布でごめんなさい・・・ベロアなどの背景になる布を買っておけば良かったですね(汗。
簡単な撮影ブースを作ってみたいと思っているので、コンパクトに設置できるようなものを研究します。

そして今日、グランドタイトルを達成するまで待っていて下さったご家族の元にモナミちゃんをお連れしました。新しい飼い主さんは、我が家の故・サンダーと故・エースを大切にして下さったご夫妻です。モナミちゃんをいっぱい可愛がって下さることでしょう。
モナミちゃんは大人の猫なので、慣れるまで猫だけのスペースを用意して下さいとお願いしたところ、立派な4段ケージ(転倒防止付)が出来上がっていました。モナミちゃんが慣れたら、ツリー代わりに利用するとのこと。高い場所から見下ろせるので、きっと使うと思います。
早く慣れて、飼い主さんたちと一緒に末長く幸せにね!