ルーンと一緒にアメリカへ【後編・観光&再びキャットショー編・2017年5月8〜14日】

グランドチャンピオンを達成したショーでの私とルーン・・・の写真でしたが、ルーンだけカットしました。ガンスモークのブリーダーさんに撮影していただきました。良い記念になりました!

5月8日月曜日の朝、ルーンを連れて、アトランタからアネットの自宅最寄りの空港へ飛行機で飛びました。
アネットが迎えに来てくれて、お家に向かいます。お家に到着して、その夜に撮影した写真がこれです。全然怖がってないし、広い場所に出て喜んでいました。ルーンらしいですね。猫ちゃんたちの匂い、いっぱいする筈なんだけどなぁ。

次の日は、アネットの妹さんとアネットと一緒に、チューリップガーデンを見に行きました。豊富な種類と量のチューリップが楽しめ、見ごたえがありました。

帰りの昼食、ディップサンドウイッチです。タレにつけて食べるサンドは初めてでした。美味しかった〜!

Wynterwyndキャッテリーの子猫達です。リクエストがあって、かなりの数の写真を撮りました。その中から、ブルーポイントの写真を中心にご紹介します。

ブルー単色のみが認可されているロシアンブルーですが、私のサイトにも書いているように、両親が因子を隠し持っている場合に、4分の1の確立でブルーポイントが生まれることがあります。今は遺伝子検査が可能ですので、事前に可能性を調べることができます。
ブルーポイントはロシアンブルーとして血統登録をしたり、血統書を発行することができません。ミスカラー(間違った色)ですから、ブリーディングプログラムからは外され、ブルーの子猫よりも低い譲渡経費で家族として譲渡されます。しかしながら、血統もルックスも良い子猫達、とても綺麗で可愛いので、家族はすぐに見つかります。
生まれる確立は4分の1ですが、なんと今回の子猫は一胎子全員がブルーポイント、ナショナルウイナーのお母さん譲りのルックスで、とっても綺麗な子猫達でした。次はブルーの子猫が欲しいねと話していました。
因みに、23年もロシアンブルーをブリーディングしていますが、我が家では一度もブルーポイントが生まれたことがありません。一度くらい見てみたいなという気持ちもありますが、一胎子全員ブルーポイントになる可能性もありますから、幸運に感謝しなければいけないんだと思います。

今回のアメリカ旅行は9泊11日という長い旅行でしたので、ゆっくりする時間がありました。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスをアネットのご家族と一緒に観に行きました。日本ではまだ公開前の映画です。しかし、当然のことですが、全部英語。前半は必死に理解したのですが、後半はエネルギー切れました(苦笑。体力ないですね・・・。
その後のディナーでは、美味しいマティーニを2杯飲みました。日本では基本的に禁酒していますが、旅行の時や特別な時だけはお酒を飲みます。

さて、ルーンのリビング探検です。既に「私はここのお家の子!」という顔をしています。寂しいけど、それでいいのよ。

ん?なんか食卓が騒がしいわねぇ。美味しい匂いもするし。

アネットのご家族が集まって、ディナーパーティーです。
アネットの旦那様、ロバート特製の夕食ですよ〜!でもルーンにはあげられない、ごめんね。

アネットが作ってくれたカクテル、マイタイ。カクテルをピッチャーで作り、ひたすら飲みます(笑。何杯飲んだのか・・・(汗。

マイタイを飲みつつ、私はこれ。フレスカです。甘さ控えめなシトラス微炭酸、アメリカではこれがお気に入りです。コカコーラさん、日本でも売って下さい。

酔った私と一緒にルーンもおやすみなさい。

さて、12日金曜日です。今日は自分の荷物を全部まとめて、ルーンを連れてTylonaキャッテリー、バーバラとティムのお家へと向かいます。バーバラやアネットが所属しているクラブのキャットショーが土曜日にあり、ルーンが参加するのです。ショー会場の設営もあるので、バーバラのお家に2泊お世話になりました。
前回クリスを迎えに行った時に泊まった、ピンクの可愛いゲストルームです。今回はルーンと一緒。初めての部屋ですが、ルーンは寛いでいますね。
明日、成績が良いといいね〜!

バーバラがエントリーしているライバルのアリババくんです。コートの色とアイカラーが綺麗なハンサムボーイでした。

ショーで特に気になった猫、サイベリアンのグランドチャンピオンの男の子です。堂々としています。メインクーンとも、ノルとも違う、サイベリアンらしい猫だと思いました。

ワンデー6リングのショーで、6人のジャッジが審査します。リングケージへは、私が連れていきました。アメリカのキャットショーに、日本人が参加するチャンスは多くありません。参加して、良い成績を取れたなら、本当に幸運で、誇らしく、嬉しく、今までの苦労が報われた気持ちになります。
ルーンは、一般審査で全てベストブリードを取り、全てのファイナルに残りました。大人の猫全ての中で、総合でベストキャットインショー(ハイスコアリングキャット)を達成することができました。
夢のような気分で、ふわふわとしていました。とびきりのショーキャットとして堂々と振る舞っていたルーン。彼女と一緒に暮らせなくても、私は、本当にラッキーなブリーダーだと思いました。

一夜明けて日曜日、アネット達やルーンとお別れして、日本へ戻らなければなりません。
ルーンと乗り越えてきた、数々の苦労が思い出され、泣いてしまいそうになりましたが、堪えました。猫をお渡しする時は、泣かないようにしています。不安な様子も見せないように心がけています。ロシアンブルーは頭が良いですし、飼い主が悲しそうにしていたら心配します。
私の猫として、最後の写真を撮りました。でも、また会えます。次はきっと、アネットが一番になっているでしょうけど。

日本に帰国し、ルーンを思い出しては、ルーンシックになっていましたが、アネットがルーンをとても可愛がってくれて、大切にしてくれているので、後悔はしていません。また近いうちに、会いに行くからね!

ルーンと一緒にアメリカへ【前編・グランドチャンピオン達成編・2017年5月5〜7日】

5月5日、最後の記念撮影を済ませ、旦那も名残惜しくルーンとお別れをしました。アメリカに行く私はともかく、旦那はもう会うことができません。しんみりしてしまいました。11日間も留守にするので、旦那と妹に猫達のことをよくお願いしました。

検疫で書類を作成し、ルーンを連れて成田からアトランタへ出発しました。ミシガン州のアネットの元に連れて行くのが目的なので、普通ならデトロイトに向かうのですが、今回は他にも目的があります。ルーンをアネットに渡す前に、できればグランドチャンピオンにしたいと思い、アトランタの6×6リングショーにエントリーすることに決めました。
最初は自分でレンタカーを借りてショーホテルまで70キロ程度を走ってみようと考えていました。でも、そのことをテレサに話したら、アトランタの道路は初心者向きではないそうで、とても心配してくれました。テレサ自身は用事があって来られないけれど、私をサポートして欲しいとテレサの旦那様、ロブにお願いしてくれて、なんと、ロブがノースキャロライナから飛行機でアトランタまで来てくれることになったのです!とってもびっくりしましたし、温かい友情が本当に嬉しかったです。
飛行機は、ルーンをキャリーに入れて、座席の下に持ち込みました。貨物室は不安なので、預けたくありません。自分のもとに置くのが一番です。ルーンはとても物分かりの良い子で、終始大人しく、鳴くこともなく、ぐっすりと寝て賢く体力を温存していました。動揺している様子もありませんでした。
アトランタに到着し、ロブと会って、レンタカーでショーホテルに向かいます。途中の橋が、少し前に火事で崩落したそうで、遠回りをしなければなりませんでした。


ホテルに到着しました。ペットフレンドリーホテルとして定評のある、LaQuintaホテルです。ルーン用のテントは用意していましたが、危ないところもなさそうなので、遊ばせました。ルーンは広いところに出られて嬉しそうでした。(日本のショーホテルは猫を出して遊ばせるのは禁止です、念のため)


土曜日、ロブと一緒にショーホールに向かいます。ショー会場の入り口前に、昼食を買えるお店が出ています。天気も良く、ワクワクな気分です。


猫のおもちゃやベッドなどを扱っているベンダーです。色とりどり、お土産をどっさり買わなくちゃ!


魅力的なキャットツリーのベンダー。ああ、1つ欲しい!下の2つが私の好みでした。


控えケージは、日本のものよりかなり大きめです。それに合わせたケージカバーを持参しました。トイレや食器、Snow-Islandの標識も設置して、準備万端! ルーンの調子もとても良さそうです。日本から昨日飛行機で来たとは思えない表情です。こういう大らかな性格の子だから、信頼して連れてきました。

ベンチング(控えケージの場所)は、テレサのお友達、シャーリーンの隣にして頂きました。親切にして下さって嬉しかったです。反対側のお隣だったトンキニーズのブリーダーさんとも、楽しくお話しをしました。


ルーンは135番。一般審査です。ライバルが二人もいます。ロシアンブルーはアメリカではマイナーブリードなので、あまりたくさんの猫が集まることはありません。
男の子も女の子も、前期にリジョナルウィナーを取っている綺麗な猫でした。後で血統書を調べたら、女の子はなんと我が家のプジョー(Blue Lion)の玄孫! プジョーの直子がスイスからアメリカに渡ったのはもうかなり前のことで、その4代目が生まれていたんですね。プジョーの血も、今後のロシアンブルーを守っていくために役立って欲しいです。



ルーンはキャットショーが大好き。遊んでもらえて、自分がみんなに誉めてもらえる場所だと理解しています。


控えケージでもリラックス。


土曜日は3ファイナル!たくさんのオープン&チャンピオンがいて競争が激しい中、101グランドポイントを獲得しました。(グランドチャンピオンには合計200グランドポイントが必要です。)
そしてショートヘアーファイナルで、なんと沢山のグランドチャンピオンを押さえて、2位をいただくことができました!

そして日曜日、土曜日に引き続き、順調にほとんどのリングでベストブリードを獲得しました。
この日もたくさんのチャンピオンとオープンが出ていましたが、ルーンは土曜日とは比べ物にならないポイントを頂きました!

5つのファイナルに残り、日曜日だけで216ものグランドポイントを獲得です!! 5つのうち、3つはベストテンファイナルにも入りました。最高でオールブリード2位をいただきました。オープン(タイトルなし)の猫がベスト10、特にオールブリードファイナルに入るのはとても難しいことで、素晴らしい評価です。

土曜日と日曜日で、グランドポイントは合計317ポイントになり、ルーンはグランドチャンピオンを達成しました。嬉しくて涙が出そうでした。
写真のロゼットとリボンは、日曜日にいただいたものです。
ロブもテレサもアネットもとても喜んでくれました。

ショーの終了時間が思ったよりも遅くて、ロブは帰りの飛行機が間に合わないので、先に空港に向かうことになり、お別れしました。私を助けてくれたテレサとロブ、本当に感謝しきれません。
ロブの代わりに、二人のお友達のフランクが私を空港近くのホテルまで送ってくれることになりました。フランクはそのショーでクラークを担当していました。日本では珍しいハバナブラウンのブリーダーさんで、とても親切な方でした。


同じくアトランタ空港近くのLaQuintaホテルです。夕食は、こちらに来てから不足していた野菜中心にお魚を。一人で祝杯をあげました。
明日、月曜日はアネットの家から近い空港に移動です。(つづく)

2016-2017 CFAショーシーズン結果

ご報告が遅くなりましたが、先シーズンは2匹のグランドチャンピオンと、2匹のリジョナルウィナーを受賞することができました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
猫達の頑張りも凄かった。いくつか思い出を書いていきたいと思います。

CFA Japan チャンピオンシップ(大人のクラス)15位
CFA Japan ベストロシアンブルー
CFA GC, RW Snow-Island Skystone
父 : CFA GC, RW Snow-Island Milestone
母 : Snow-Island Skybird
BR/OW : Yukiko Shimada

スカイはリングケージの中で尻尾を追いかけて遊ぶのが大好きで、皆さんに「また回ってる!(笑」と言われるくらいに回っていました。
ショー会場でも甘えん坊でお膝が大好き。人間をなめ回すのも大好きで、最後まで楽しくショーに参加しました。
グランドに上がったのは2月頭だったので。そこから年間賞を狙うのは難しいかなと思いましたが、とっても良い成績をいただいて15位入賞を果たすことができました。

CFA Japan キツンクラス 6位
CFA GC, RW Snow-Island Rune of Wynterwynd
父 : CFA GC, RW Snow-Island Platino
母 : CFA GC Wynterwynd Melody of Snow-Island
BR : Yukiko Shimada
OW : Yukiko Shimada & Annette Wilson

ルーンはショーのために生まれてきた子だ!とジャッジに評されるくらい、ショー会場でリラックス、ハンドリングも大好き、本当に不思議な子でした。
会場では良く食べ良く遊び良く甘え、何度も総合でベストを取ってくれました。彼女をショーに出すのは本当に楽しかったです。
グランドチャンピオン達成についてはまた後日ブログに書きますね。

CFA Japan セカンドベストロシアンブルー
CFA GC Snow-Island Blue deer
父 : CFA GC, RW Snow-Island Milestone
母 : Snow-Island Skybird
BR/OW : Yukiko Shimada

ファナは昨年6月にグランド達成しました。同じ組み合わせのスカイと違って、ショーが苦手な彼女、でも頑張ってくれました。
久しぶりのグランド達成で、この喜びがスカイやルーンを連れて頑張ろうという気持ちに繋がりました。

上の画像は、CFAジャパンのアワードバンケットカタログ用に私がデザインしたものです。(掲載はモノクロになります)
時間と手間をかけて作ってみました。