ルーンと一緒にアメリカへ【後編・観光&再びキャットショー編・2017年5月8〜14日】

グランドチャンピオンを達成したショーでの私とルーン・・・の写真でしたが、ルーンだけカットしました。ガンスモークのブリーダーさんに撮影していただきました。良い記念になりました!

5月8日月曜日の朝、ルーンを連れて、アトランタからアネットの自宅最寄りの空港へ飛行機で飛びました。
アネットが迎えに来てくれて、お家に向かいます。お家に到着して、その夜に撮影した写真がこれです。全然怖がってないし、広い場所に出て喜んでいました。ルーンらしいですね。猫ちゃんたちの匂い、いっぱいする筈なんだけどなぁ。

次の日は、アネットの妹さんとアネットと一緒に、チューリップガーデンを見に行きました。豊富な種類と量のチューリップが楽しめ、見ごたえがありました。

帰りの昼食、ディップサンドウイッチです。タレにつけて食べるサンドは初めてでした。美味しかった〜!

Wynterwyndキャッテリーの子猫達です。リクエストがあって、かなりの数の写真を撮りました。その中から、ブルーポイントの写真を中心にご紹介します。

ブルー単色のみが認可されているロシアンブルーですが、私のサイトにも書いているように、両親が因子を隠し持っている場合に、4分の1の確立でブルーポイントが生まれることがあります。今は遺伝子検査が可能ですので、事前に可能性を調べることができます。
ブルーポイントはロシアンブルーとして血統登録をしたり、血統書を発行することができません。ミスカラー(間違った色)ですから、ブリーディングプログラムからは外され、ブルーの子猫よりも低い譲渡経費で家族として譲渡されます。しかしながら、血統もルックスも良い子猫達、とても綺麗で可愛いので、家族はすぐに見つかります。
生まれる確立は4分の1ですが、なんと今回の子猫は一胎子全員がブルーポイント、ナショナルウイナーのお母さん譲りのルックスで、とっても綺麗な子猫達でした。次はブルーの子猫が欲しいねと話していました。
因みに、23年もロシアンブルーをブリーディングしていますが、我が家では一度もブルーポイントが生まれたことがありません。一度くらい見てみたいなという気持ちもありますが、一胎子全員ブルーポイントになる可能性もありますから、幸運に感謝しなければいけないんだと思います。

今回のアメリカ旅行は9泊11日という長い旅行でしたので、ゆっくりする時間がありました。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスをアネットのご家族と一緒に観に行きました。日本ではまだ公開前の映画です。しかし、当然のことですが、全部英語。前半は必死に理解したのですが、後半はエネルギー切れました(苦笑。体力ないですね・・・。
その後のディナーでは、美味しいマティーニを2杯飲みました。日本では基本的に禁酒していますが、旅行の時や特別な時だけはお酒を飲みます。

さて、ルーンのリビング探検です。既に「私はここのお家の子!」という顔をしています。寂しいけど、それでいいのよ。

ん?なんか食卓が騒がしいわねぇ。美味しい匂いもするし。

アネットのご家族が集まって、ディナーパーティーです。
アネットの旦那様、ロバート特製の夕食ですよ〜!でもルーンにはあげられない、ごめんね。

アネットが作ってくれたカクテル、マイタイ。カクテルをピッチャーで作り、ひたすら飲みます(笑。何杯飲んだのか・・・(汗。

マイタイを飲みつつ、私はこれ。フレスカです。甘さ控えめなシトラス微炭酸、アメリカではこれがお気に入りです。コカコーラさん、日本でも売って下さい。

酔った私と一緒にルーンもおやすみなさい。

さて、12日金曜日です。今日は自分の荷物を全部まとめて、ルーンを連れてTylonaキャッテリー、バーバラとティムのお家へと向かいます。バーバラやアネットが所属しているクラブのキャットショーが土曜日にあり、ルーンが参加するのです。ショー会場の設営もあるので、バーバラのお家に2泊お世話になりました。
前回クリスを迎えに行った時に泊まった、ピンクの可愛いゲストルームです。今回はルーンと一緒。初めての部屋ですが、ルーンは寛いでいますね。
明日、成績が良いといいね〜!

バーバラがエントリーしているライバルのアリババくんです。コートの色とアイカラーが綺麗なハンサムボーイでした。

ショーで特に気になった猫、サイベリアンのグランドチャンピオンの男の子です。堂々としています。メインクーンとも、ノルとも違う、サイベリアンらしい猫だと思いました。

ワンデー6リングのショーで、6人のジャッジが審査します。リングケージへは、私が連れていきました。アメリカのキャットショーに、日本人が参加するチャンスは多くありません。参加して、良い成績を取れたなら、本当に幸運で、誇らしく、嬉しく、今までの苦労が報われた気持ちになります。
ルーンは、一般審査で全てベストブリードを取り、全てのファイナルに残りました。大人の猫全ての中で、総合でベストキャットインショー(ハイスコアリングキャット)を達成することができました。
夢のような気分で、ふわふわとしていました。とびきりのショーキャットとして堂々と振る舞っていたルーン。彼女と一緒に暮らせなくても、私は、本当にラッキーなブリーダーだと思いました。

一夜明けて日曜日、アネット達やルーンとお別れして、日本へ戻らなければなりません。
ルーンと乗り越えてきた、数々の苦労が思い出され、泣いてしまいそうになりましたが、堪えました。猫をお渡しする時は、泣かないようにしています。不安な様子も見せないように心がけています。ロシアンブルーは頭が良いですし、飼い主が悲しそうにしていたら心配します。
私の猫として、最後の写真を撮りました。でも、また会えます。次はきっと、アネットが一番になっているでしょうけど。

日本に帰国し、ルーンを思い出しては、ルーンシックになっていましたが、アネットがルーンをとても可愛がってくれて、大切にしてくれているので、後悔はしていません。また近いうちに、会いに行くからね!

エマちゃんとマイルの子猫

昨年10月27日に生まれた子猫達です。ママはSnow-Island Skybirdエマちゃん、パパはCFA GC, RW Snow-Island Milestoneマイルです。

エマちゃんに似て運動神経も良く、元気に部屋中を駆け回っています。今月末には2回目のワクチンを接種して、2月中旬頃には子猫達を待っている飼い主さんのもとに旅立ちます。

子猫の譲渡時期は、CFAではブリーダー倫理により、こう定められています。

「私は通常の伝染性の病気に対する免疫の適切なレベルに達する以前に仔猫を売ったり配置したりしません。」

http://cfajapan.org/4_breeder_rinri.html

子猫は1回のワクチンだけでは免疫が完全ではありません。必ず2回目のワクチンを受け、少なくともその後1週間は子猫をよく見て、子猫の免疫が適切なレベルになってから譲渡しております。

CFAに登録していたとしても、これを行えないキャッテリーには、何らかの問題があるか、ブリーダーとしての知識・心構えが欠けていると思われます。

子猫の成長はとても早く、生まれて1年で人間でいうと18歳くらいに成長します。小さい時期はあっという間ですが、ロシアンブルーの成猫は外見も性格もとても魅力的で、私はいつも子猫達が大人になるのが楽しみです。

飼い主さんのところにお譲りした子も、我が家に残った子も、健やかな成長をいつも祈っています。

今回の子猫達は、この家で生まれる最後の子猫達です。20年、ひたすらロシアンブルー一筋でやってきました。今の家にはたくさんの色々な思い出があります。

新しいお家では今まで以上に猫達が楽しく、元気に暮らせるように、ケアを頑張っていきたいと思います。

動物取扱業、スパちゃん

5月はなんだか忙しなくて、あっという間に過ぎました。・・・という記事を書いて下書きに入れておいたのも忘れたほど更新してませんでした(汗。消すには忍びないので勢いで投稿します。

5月は猫に関する様々なことがありました。
まずは動物取扱業の更新について。登録から5年を迎えたので更新の書類を出して動物愛護センターの方の監査を受け、何事もなく更新することができました。5年分の書類はとても分厚く、毎日の猫の世話と清掃等の点検や、子猫の譲渡先の住所氏名などもその都度まとめていく必要があります。
私はロシアンブルーが好きで猫種の保存や良い猫をブリーディングするために動物取扱業を取得しており、営利を目的にはしていませんが、繁殖をして他人に猫を譲渡するのであれば必ず動物取扱業の認可が必要です。また広告を出す(Web上も含め)場合には定められた情報を記載する必要があります。登録にも規定があり、新規に登録するには一定の資格か、もしくは既に動物取扱業に登録しているキャッテリーやペットショップ、ホテル、動物病院などで半年働いたという証明が必要です。
趣味で始めたいと考えている一般の方には難しい規定です。もし特定の猫種が好きで、真面目にブリーディングに取り組みたいという方がいらっしゃったら、まずはご自宅から遠くない(関東と関西などのように離れていないこと)場所にあるキャッテリーさんから最初の子を迎え入れ、同時に動物取扱業の取得をサポートしてもらうと良いと思います。

そしてもう一つ。スパちゃんが待望のお見合いでした。お相手の男の子は我が家の子ではなく、前からとっても楽しみにしていた組み合わせです。無事に生まれますように!