猫にかぶりものをさせたいと思った時に知って欲しいこと:Snow-Islandロシアンブルー

姪っ子たちとでかける機会が多くなり、ガチャガチャの商品を見る機会が増えました。猫のかぶりものが買えると知って、少し興味が湧きました。
意外かも知れませんが、1993年に初めて自分自身で猫を迎えてから今まで、猫に洋服を着せたり、かぶりものをさせたりしたことはありませんでした。ロシアンブルーはそのままが一番綺麗だと今でも思っていて、そういったものに興味がありませんでした。
SNSなどでかぶりものをしている子を見かけて、私も実際に買ってみて、注意点などをブログに書きたいと思っていました。

ロシアンブルーは初めてのものに神経質になることもあり、かぶりものをさせないで欲しい子の方が多数かも知れません。無理にさせようとすることで、猫との信頼関係に亀裂が入ることもあります。頭の良いロシアンは嫌なことを忘れません。
また、猫がパニックになる可能性もあり、引っかかって事故になる恐れもあるので、自分の猫が向いている性格か、そうでないかはよく考えるようにして下さい。向いていない子は、写真にお絵書きをしてみたり、想像するだけに留めて下さい。

下の写真、我が家のクリスのように、鷹揚な性格の猫でしたら、写真を撮るだけの少しの時間かぶせることはできると思います。おもちゃで気を引いたり、美味しいものをあげることで、見て楽しくなるような写真を撮ることは可能です。かぶりものに興味がなかった私でも、また新しいものを購入したら、ちょっとだけ写真撮影をさせてもらおうかなと思うくらい、とっても可愛い写真が撮れました。

うさぎの耳のかぶりものを手にした時、きっと嫌がらずにさせてくれるのはクリスだろうと想像できました。思った通り、クリスは最初少し戸惑いながらも、可愛らしいポーズをたくさんとってくれました。
嫌がるだろうなと思った女の子は、クリスの娘のセレでした。予想通り、試しに顔の前に持ってきただけで論外!という顔をしました。大丈夫、セレにはお願いしませんよ。

↑うさぎなのにライオンのようなお顔!

ロシアンブルーの女の子には、このかぶりものはかなり大きめです。クリスは女の子としては大きめの体格ですが、ぶかぶかですぐにずれてきてしまいます。

嫌がらずにやってくれそうな男子のスカイにかぶせてみました。スカイの頭の大きさで、少し余裕がある感じです。

↑このシリーズは、ロシアンブルーにはぶっかぶかです。伸びない生地は、全体的に大きいかも知れません。スカイはサービス精神があるのか、それでもバランスを保ってポーズしてくれました。

↑クリスのハローキティ。頬っかむりっぽくて似合いませんでした(苦笑。そしてやっぱりぶかぶか。ロシアンブルーは頭が小さめですから、合うのを探すのは難しそうです。

最後に、猫によってできること、できないこと、色々違いがありますので、どうか、無理にかぶりものをさせようとはしないで下さい。逆に全く嫌がらなくても、長時間はやめて、撮影する数分だけにしてあげて下さいね。お願い致します。

Do it yourself な日常

特にDIYは得意ではないのですが、猫達と暮らし始めてから、必要に迫られて色々とやるようになりました。前の家では、壁紙貼り、クッションフロア張り、お手製のウオークインケージ作り、窓の逃亡防止対策、その他、下手ながら色々と頑張ってきました。
新しいお家では、ローマンシェードカーテンを好みの生地で作ったり・・・時間がないのにチャレンジ精神だけは旺盛です(苦笑。
女の子の部屋に、愛用しているアメリカ製のCD&Eのケージが増えたので、その上を塞ぐ必要があったのですが、忙しくてなかなか手を付けていませんでした。ケージはおおよそ185センチくらいの高さで、現役の女の子達が上に登ると手が届かないし、ヒート(発情期)が来るとケージの上から浴びたくない液体が降ってくるという恐ろしい現象は、活発な短毛種のロシアンブルーにはありがちです。安全面も考えて塞ぐことにしたのですが、この作業は結構大変です。
私がいつも使っている材料はイレクターという金属をプラスチックで覆ったしっかりとしたパイプで、カットするのがなかなか辛い・・・。いつも3〜4回切るともう手が痛くなって、ぐーるぐるとカッターを回しながら、これは何かの修業なのではと余計なことを考える始末でした。
しかしです、イレクターの会社のショッピングサイトを見たら、なんと好きな長さにカットしてもらえるじゃないですか!これは有り難い。早速頼みました。


↑接着剤乾かし中〜・・・。


↑トリカルネットという園芸用のものを利用しました。結構固い素材なので、窓の逃亡対策にも使えるかも。奥にファナちゃん待機中。早く遊ばせて〜!


↑完成です。パイプを黒にすればもっと見栄えがしたのにとちょっと後悔。

そしてこの部屋の新しい木製のキャットツリーにも、ちょっと工夫を施しました。ストッパー付のキャスターを電動ドライバーで取り付けて、掃除しやすく。


ファナちゃん、早速新しいものをチェックです。
「ふむふむ、このキャスターが付いたのね。ママ、やるじゃない。」

これで安心して遊べるようになったね!


作業をしたのは4月22日、キャットショーの前日でした。
実はうっかり火災報知器を忘れていて、8本、イレクターをカットし直したのです。猫をシャンプーする時には既にぐったりでした。注文する時にはよく確認しましょう、私。
何にせよ、女の子部屋の作業終了!お疲れさまでした。

TWD!

ぼく「月曜の夜はやっぱりこれだよね、The Walking Dead、#TWD!」
ぽーちゃん「ゾンビが出てきたらすぐに退治してあげる!」

ぽーちゃん「ネガンにだって負けないんだぞ!(ブルブル)」
モナ「目が悪くなるからテレビから離れなさいってママが言ってたよ(呆れ顔)」

セレ「今のリックより私の方がずっとリーダーに相応しいわ!」

ホワ「Uuuuunnnngg!!!ママを食べちゃうぞ〜!」

私「・・・ずいぶん可愛らしいゾンビだね」

*-*-*-*-*-*-*-*-*-

海外ドラマは時々好きなものだけ見るのですが、テレビはいつの間にか見なくなりました。猫のお世話で目が回るくらい忙しいとか、興味のある番組がなくなったとか、好きな時に見られるネット配信の海外ドラマの方が便利で面白いとか、理由は色々あります。
なので我が家のテレビは主に子猫に音を聞かせる教育用、そして子猫たちが画面に飛びつくオモチャとして設置されています。子猫たちは何故かゾンビに果敢に飛びついていました。