動物取扱業、スパちゃん

5月はなんだか忙しなくて、あっという間に過ぎました。・・・という記事を書いて下書きに入れておいたのも忘れたほど更新してませんでした(汗。消すには忍びないので勢いで投稿します。

5月は猫に関する様々なことがありました。
まずは動物取扱業の更新について。登録から5年を迎えたので更新の書類を出して動物愛護センターの方の監査を受け、何事もなく更新することができました。5年分の書類はとても分厚く、毎日の猫の世話と清掃等の点検や、子猫の譲渡先の住所氏名などもその都度まとめていく必要があります。
私はロシアンブルーが好きで猫種の保存や良い猫をブリーディングするために動物取扱業を取得しており、営利を目的にはしていませんが、繁殖をして他人に猫を譲渡するのであれば必ず動物取扱業の認可が必要です。また広告を出す(Web上も含め)場合には定められた情報を記載する必要があります。登録にも規定があり、新規に登録するには一定の資格か、もしくは既に動物取扱業に登録しているキャッテリーやペットショップ、ホテル、動物病院などで半年働いたという証明が必要です。
趣味で始めたいと考えている一般の方には難しい規定です。もし特定の猫種が好きで、真面目にブリーディングに取り組みたいという方がいらっしゃったら、まずはご自宅から遠くない(関東と関西などのように離れていないこと)場所にあるキャッテリーさんから最初の子を迎え入れ、同時に動物取扱業の取得をサポートしてもらうと良いと思います。

そしてもう一つ。スパちゃんが待望のお見合いでした。お相手の男の子は我が家の子ではなく、前からとっても楽しみにしていた組み合わせです。無事に生まれますように!

3ヶ月

生後3ヶ月になりすっかり大きくなった子猫達。昼間はぽやぽやした顔で抱っこして〜とゴロゴロですが、空が暗くなってくる頃になると大運動会が始まり、勢い余ってドアに身体ごとぶつかったり、子猫同士でプロレスごっこをしたりと大騒ぎしています。
子猫達が家族として迎えられるお家では準備の真っ最中だそうです。玄関や窓の脱走防止対策や、子猫にとって危険な場所やものがないかどうか・・・。ロシアンブルーの賢さがびっくりするようないたずらに繋がる場合もあるので、注意が必要です。

↑この子、おじいちゃんのファル(Blue Falcon)に雰囲気が似てるかも!

明日は2回目のワクチンとマイクロチップ施術です。1回目と同じように良い子でいてくれますように。

1回目のワクチン接種

生後2ヶ月になった子猫たちに初めてキャリーバッグに入ってもらって、第1回目のワクチンを接種しに動物病院に出発。鳴くかな〜?と思ったら予想は外れて案外大人しい・・。びっくりするくらい静かでした。車から出て病院まで歩く間に2〜3回鳴いた子が1匹いただけでした。
動物病院では簡単にワクチンが打て、ゴロゴロ言って診察中も先生に甘えてました。全員がこんな感じに物怖じしなかったので、連れて行く私たちも気分的にとても楽でした。普通は1匹くらい嫌がる子がいるものです。
病院から戻って、ワクチン接種で様子が変わらないか暫くチェック。いつも通り、全員大丈夫でした。