猫にかぶりものをさせたいと思った時に知って欲しいこと:Snow-Islandロシアンブルー

姪っ子たちとでかける機会が多くなり、ガチャガチャの商品を見る機会が増えました。猫のかぶりものが買えると知って、少し興味が湧きました。
意外かも知れませんが、1993年に初めて自分自身で猫を迎えてから今まで、猫に洋服を着せたり、かぶりものをさせたりしたことはありませんでした。ロシアンブルーはそのままが一番綺麗だと今でも思っていて、そういったものに興味がありませんでした。
SNSなどでかぶりものをしている子を見かけて、私も実際に買ってみて、注意点などをブログに書きたいと思っていました。

ロシアンブルーは初めてのものに神経質になることもあり、かぶりものをさせないで欲しい子の方が多数かも知れません。無理にさせようとすることで、猫との信頼関係に亀裂が入ることもあります。頭の良いロシアンは嫌なことを忘れません。
また、猫がパニックになる可能性もあり、引っかかって事故になる恐れもあるので、自分の猫が向いている性格か、そうでないかはよく考えるようにして下さい。向いていない子は、写真にお絵書きをしてみたり、想像するだけに留めて下さい。

下の写真、我が家のクリスのように、鷹揚な性格の猫でしたら、写真を撮るだけの少しの時間かぶせることはできると思います。おもちゃで気を引いたり、美味しいものをあげることで、見て楽しくなるような写真を撮ることは可能です。かぶりものに興味がなかった私でも、また新しいものを購入したら、ちょっとだけ写真撮影をさせてもらおうかなと思うくらい、とっても可愛い写真が撮れました。

うさぎの耳のかぶりものを手にした時、きっと嫌がらずにさせてくれるのはクリスだろうと想像できました。思った通り、クリスは最初少し戸惑いながらも、可愛らしいポーズをたくさんとってくれました。
嫌がるだろうなと思った女の子は、クリスの娘のセレでした。予想通り、試しに顔の前に持ってきただけで論外!という顔をしました。大丈夫、セレにはお願いしませんよ。

↑うさぎなのにライオンのようなお顔!

ロシアンブルーの女の子には、このかぶりものはかなり大きめです。クリスは女の子としては大きめの体格ですが、ぶかぶかですぐにずれてきてしまいます。

嫌がらずにやってくれそうな男子のスカイにかぶせてみました。スカイの頭の大きさで、少し余裕がある感じです。

↑このシリーズは、ロシアンブルーにはぶっかぶかです。伸びない生地は、全体的に大きいかも知れません。スカイはサービス精神があるのか、それでもバランスを保ってポーズしてくれました。

↑クリスのハローキティ。頬っかむりっぽくて似合いませんでした(苦笑。そしてやっぱりぶかぶか。ロシアンブルーは頭が小さめですから、合うのを探すのは難しそうです。

最後に、猫によってできること、できないこと、色々違いがありますので、どうか、無理にかぶりものをさせようとはしないで下さい。逆に全く嫌がらなくても、長時間はやめて、撮影する数分だけにしてあげて下さいね。お願い致します。

アワードバンケットカタログ用のデザイン : Snow-Island ロシアンブルー

渡米前に、少し時間をかけてこの画像を制作していました。以前は時間がなくてデザインに手をかけられなかったのですが、今回はせっかくのフルカラーですから。
CFAジャパンリジョンの今回のバンケットアワードカタログは、表紙(表1)やベストキャットの集合カラーページなども担当しました。他のブリードの猫ちゃんのデザインも楽しかったです。


来月には、2019CFAイヤーブック(2017-2018年の受賞猫、もちろんルーンが掲載されます)の広告の締め切りがあります。1ページならこれで良いのですが、2ページなら・・・頑張らなくちゃ。

2017-2018年度リジョナルウイナーとグランド達成のご報告

ご報告が遅くなりました。
ルーンのナショナルウイナーとブリードウイナーのことは書きましたが、2017-2018年度は他にもたくさんSNOW-ISLANDのロシアンブルーたちが活躍してくれました!

2017-2018年 リジョナルウイナー:ジャパンリジョン キツン22位
2017-2018年 グランド達成
CFA GC, RW SNOW-ISLAND ICE ANCHOR
呼び名:マース
2017年5月20日生まれ 男の子
父:CFA GC, RW SNOW-ISLAND MILESTONE
母:CFA GC TYLONA’S ICE CRYSTAL OF SNOW-ISLAND
BREEDER/OWNER:YUKIKO SHIMADA

マースはマイルの大切な跡取り息子で、父と母譲りの派手なルックスが自慢の男の子です。小さい子に持たれて振り回されても平気なのに、繊細なところがあり、あまりショーに行くのが好きではなかったみたいですが、グランドチャンピオンとリジョナルウイナーを達成することができました。母猫クリスを私に託して下さったバーバラに感謝しています。

2017-2018年 リジョナルウイナー:ジャパンリジョン キツン13位
2017-2018年 グランド達成
CFA GC, RW SNOW-ISLAND SAMURAI ACE OF SERESHKA
呼び名:エース
2017年5月31日生まれ 男の子
父:CFA GC, RW SNOW-ISLAND PLATINO
母:CFA GC WYNTERWYND MELODY OF SNOW-ISLAND
BREEDER:YUKIKO SHIMADA
OWNER:KATELYN LUCAS,ARIEL BARTELMES

エースは11月中旬にアメリカへ行ったため、ジャパンリジョンのアワード対象のショーは4〜5ヶ月の時だけしか出られませんでした。ですが持ち前のとびきり明るい性格でとても良い成績をいただき、キツンのアワードに入賞しリジョナルウイナーを達成することができました。
アメリカではオーナーのケイトとアリエルがショーに挑戦してくれ、グランドチャンピオンになりました。いつもご機嫌で、ショーの見学者や小さいお子さんが寄ってくると嬉しくてケージの前の方に出ていって楽しそうにしているお祭りっ子です。エースを可愛がって下さっているSERESHKAキャッテリーのケイトとアリエルに感謝しています。

2017-2018年 リジョナルウイナー:ジャパンリジョン チャンピオンシップ16位
2017-2018年 CFAジャパンリジョン・ベストロシアンブルー
2017-2018年 グランド達成
CFA GC, RW SNOW-ISLAND SILVER STAR
呼び名:ダーナ
2017年5月31日生まれ 女の子
父:CFA GC, RW SNOW-ISLAND PLATINO
母:CFA GC WYNTERWYND MELODY OF SNOW-ISLAND
BREEDER/OWNER:YUKIKO SHIMADA

ダーナは子猫の時よりも、八ヶ月を超えて成長するにつれて良い子になり、マースと一緒にグランドポイントを重ね、順調にグランドチャンピオンを達成することができました。その後グランドチャンピオンとしてショーに参加し、二ヶ月間という短い期間でチャンピオンシップ、大人のメインのクラスでリジョナルウイナーを達成しました。この子はエースのように陽気ではありませんが、とても聞き分けの良い子で、お願いするとリングでちゃんとポーズを取っていてくれる、頭の良い優しい子です。穏やかで甘い性格なので、一緒にショーに行くのが楽しかったです。母猫のメロディーを私に託して下さったアネットに感謝しています。

2017-2018年 グランド達成
CFA GP SNOW-ISLAND MON AMI LA MER
呼び名:モナ(モナミ)ちゃん
2016年8月30日生まれ 女の子
父:CFA GC, RW SNOW-ISLAND PLATINO
母:CFA GC WYNTERWYND MELODY OF SNOW-ISLAND
BREEDER/OWNER:YUKIKO SHIMADA
※現在はサンダーとアリスの元飼い主さんのお家で暮らしています。

モナミちゃんについては以前投稿しました。今は新しいお家にすっかり馴染んでいます。

この他に、ルーンも2017-2018年度にグランドチャンピオンを達成しておりますので、今年はSNOW-ISLANDの猫が5匹もグランドを達成したことになります。
ナショナルウイナー、ブリードウイナー、リジョナルウイナー3匹、グランド5匹と、本当に素晴らしい年でした。
お世話になった方々、ショー関係者の皆様、私に血統を託して下さった皆様、本当にありがとうございます。これからも更に努力していきます。