スイス(その1)

8月はスイスのバーゼルにあるフランジスカのRuskisキャッテリーに3泊滞在しました。
2005年から我が家の猫を迎えたいと彼女から何度も連絡をもらっていたのですが、なかなか彼女のところを訪ねる時間がなく、なんと我が家の猫をお譲りするのが6年越しになってしまいました。多忙でメールの返信もあまりできなかったのに、粘り強く連絡をくれた彼女。ご縁があって本当に良かったです。

フランジスカは我が家の猫をお婿さんに迎えているイワナ(オーストリア在住)の友達で、ロシアンブルーのブリーダーです。
彼女のキャッテリーはスイス郊外の大きな一軒家で、景色も良く、すぐ近所で牛、馬、ヤギがのびのびと暮らしており、スイスらしいのどかな光景が広がります。

フランジスカと愛犬のアイリッシュウルフハウンドのエラちゃんです。この犬種は全犬種中最も高い体高を持ち、野性的な外見をしていますが、気が優しくて落ち着いた犬でした。猫がいる場所では猫が危なくないように動いていましたし、猫達と仲が良くて微笑ましかったです。大きい犬が大好きな私はエラちゃんとたくさん遊びました。散歩はもちろん毎日、かなり長い距離を歩きます。普段の運動不足が祟って1日目はちょっと疲れましたが、2日目からは散歩が楽しくなりました。

この子はイワナのところにいる我が家のローディの息子のキーピィにフランジスカのところの女の子をペアリングして生まれた子猫です。コートカラーとテクスチャーが素晴らしい、可愛い顔立ちの子猫でした。性格も良く、兄妹たちと家の中を縦横無尽に駆け回っていました。

(その2へ続く)

ラーク

週に1度更新目標なんて大風呂敷を広げましたが、1週間が過ぎるスピードに驚くこの頃です。
9月は忙しくてなかなかじっくり写真を撮る時間がない!ということで、少し前の写真を引っ張り出して来ました。

今年生まれたソアーと流歌の子のラークです。特技は人間のグルーミング。甘えたな女の子。
写真は生後3ヶ月ちょっとの時のものです。なかなか堂々としています。

スパちゃんの子猫たちは順調に大きくなっています。目も開いて、とっても可愛い〜!目が開く時はワクワクします。スパちゃんはとっても良いママで、私はあんまり出番がありません。スパちゃんを撫でたりマッサージしていると、口元に鼻先を押しつけてくるのがなんとも言えず愛おしくて、されるがままです。

キャットツリー

今年は女の子たちの部屋の床を張り直したり、配置換えをしたりと、色々再整備しました。そしてずっと欲しかった大型キャットツリーを置くのにちょうど良い場所ができたので、遂に買ってしまいました。
このタイプは通常は台が木なのですが、我が家は子猫がいるので安全性を考えて絨毯タイプです。

みんな気に入ってくれたようです。
私たちは中央のベンチに座ってたっぷり猫達と遊ぶことができます。

スパちゃんですが、9月1日に出産しました。成長が楽しみです。

————
●オススメリンク
猫(ロシアンブルー)の筆書きイラストのブログ、「週刊すみねこさん」です。是非どうぞ♪
http://shunsendo.com/